インフォメーション

2013.12.02

平成25年分年末調整 昨年と比べて変わった点

①復興特別所得税を源泉徴収することとされました。
 東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法が交付され、
 平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得について源泉所得税を徴収する際、復興特別
 所得税を併せて徴収し、納付しなければならないこととされました。
 源泉徴収すべき復興特別所得税の額は、源泉徴収すべき所得税の額の2.1%相当額とされています。

②給与等の収入が1,500万円を超える場合の給与所得控除については、245万円の定額とすることとされました。
 この改正は、平成25年分以後の所得税について適用されます。

③特定の役員等に対する退職手当等に係る退職所得の金額の計算については、退職所得控除を控除した残額を
 2分の1する措置が廃止されました。
 これにより、特定役員退職手当等に係る退職所得の金額は、特定役員退職手当等の収入金額から退職所得
 控除額を控除した残額となります。

インフォメーション一覧へ戻る


お問い合わせ

123-456-7890 info@morimototax.sakura.ne.jp

Webからのお問い合わせはこちらから